Nature Blend

健康と自然環境に配慮しながら、持続可能な生活を新しい自分のライフスタイルとして発掘していく旅。
こんなLOHAS(ロハス)ライフに関心のある方、どなたでもお気軽にコメントください。
Introducing the nature in Japan, especially in Shonan area.
プロフィール&ご意見

 
<< 富士山と紅葉の美しさに絶句 | main | ソトコトにNatureBlendが掲載される >>
ロハスシティーをめざす小諸市を訪問 − 天池窯を訪ねて 陶芸家 : 岡本一道さん
12月8日(金)から忘年会を兼ねて、集まりましょうということで、長野県小諸市の方々と会うべく、新幹線で向かった。小諸市は、7月に初めて来て以来、2回目だ。
■長野県小諸市とLOHAS(2006.07.02)

地元の方々と楽しい夜を過ごした後、翌日は、前回の小諸市の訪問のときにお会いした、陶芸家(ご本人は陶工だとおっしゃいますが)の岡本一道さんの天池窯(工房)におじゃました。
全国一の晴天率を誇る、長野県小諸市なのに、僕が行くときは2回とも雨。雑木林が回りにある静かで素敵な環境に、工房はある。
小諸市岡本さん工房周辺

山と生活の関係、林業について、工房内のペレットストーブの話などをとりまぜながら、楽しいお話をお聞かせいただいた。岡本さんのモットーは、「手仕事のスピードで暮らそうよ」だ。IT業界を渡り歩いてきた僕の仕事のスタイルとは、全く逆だからこそ、かっこいいと思うし、共感もする。
岡本 一道さん

出していただいたお茶も、当然ながら、岡本さんの作品。
岡本さんお茶

製作中の作品たち。とても手仕事とは思えないほど、きれいに形も大きさも揃ったカップ。
岡本さん工房作品1
普段使いの食器をたくさんつくられているということもあり、すごく美しいにも関わらず、お手頃な値段がついている。
岡本さん作品棚

前回の小諸市訪問のときに、買って帰りたいなと思いつつ、逃してしまったマグカップを購入。この深い緑色が気に入っている。このマグカップの形は、使い勝手を熟慮した上で、作られたもの。コンピュータデスク上で使うためのものなのだ。形をみると分かるとおり、どうやっても、横にカタンと倒れない形状になっている。
中のコーヒーなどが、キーボードにこぼれて大変なことになってしまうことがよくあるが、そんなことは絶対無い構造。僕のように毎日パソコンに向かって仕事をし、コーヒーのヘビードリンカーのような人には、最適なマグカップだ。この深みのある色合いが、無機質な仕事環境にほっと安らぎを与えてくれる。
マグカップ

岡本さんの食器に関心がある方は、コメントやメールをいただければ、嬉しいです。是非個人的に友達にも紹介していきたいと思う。

次回、小諸市に来るときには、是非、是非、晴れてほしいなぁと思いつつ、工房を後にした。
地域とロハス | 23:25 | comments(10) | trackbacks(4) | Blog Ranking
コメント
わぁ〜
マグもよいですが、湯飲みに一目惚れです。
| ぽむ。 | 2006/12/18 6:54 AM |
もっと写真が手元にあるので、欲しいのを探してみる?マグは、会社において使うことにしました。
| おぐおぐ | 2006/12/19 1:26 AM |
もっと写真みたい!探してみたい!!
できることなら、手にとってみたいな。
もっとできることなら、こんな器をつくりだせる人になりたいです。
| ぽむ。 | 2006/12/20 1:36 AM |
こんにちは。
いいですね、小諸市の雰囲気と、このコーヒーカップ。
カップは倒れない構造という機能的なことと、あたたかみ
があってきれいなことが両方そろっているところが
そういうのなかなかないからとても魅力です。
私も二つほど欲しくなりました。
| ぜんせん | 2007/01/13 1:42 AM |
会社で、使い始めてます。いままでは、オフィスの紙コップが多かったのですが、キーボードの脇においておくとどことなく、脳裏に倒れたらどうしようという妙な緊張が無意識にあったのかも。最近不思議と、気楽にコーヒーを飲むようなりました。

コンピュータを日々使っている人は、首都圏の方が多いはず。欲しいな、いいな、と思ってくださる人も多いみたいなので、みなさんにお分けできるように少したくさん、買って、ストックしてみようかという気になってきました。
ちょっと待ってくださいね。
| おぐおぐ | 2007/01/13 12:33 PM |
お返事気づかずすみません!修士論文の提出が今日(水曜)
だったので、しばらくばたばたしていました。
ありがとうございます!!
こちらも、まだ、期末試験でしばらくばたばたしますので、気長にお待ちしてますのでまたお声かけくださいね。
それから、ついでに、いつもきれいな写真をありがとう。今年は紅葉を見にいけなかったけど、デスクトップ背景に写真を飾らさせてもらってるよ!
| ぜんせん | 2007/02/01 2:11 AM |
このブログの写真、活用してもらっているとのこと、とってもうれしいです!ありがとう。^-^
| おぐおぐ | 2007/02/01 2:13 AM |
今年も岡本さんの作陶展明日6日までやっていますよ。
| 小諸の風 | 2008/05/05 11:41 AM |
小諸の風さん

こんにちは、コメントありがとうございます。
今年も岡本さんの展示、やっていたんですね。今回は参加できず、残念です。

30周年とは、すばらしいですね!また、機会をみつけて小諸まで足を伸ばしたいと思います。
| おぐおぐ | 2008/05/11 9:05 PM |
岡本 一道 様へお伝えください。

このサイトで初めてお目にかかることとなりました。
もう三十数年前になります、善光寺門前の民芸店でモスグリーンの色の良さに惹かれ、茶器一式を求めました。大切に使わせていただいております。とても評判良いです。お客様にお出しすると「このお茶碗飲みやすいわ」と皆さん言われます。
マグカップもこんなに工夫されて創作されているのですね。
私もひとつ欲しいくらいです。でも、北へ越したために小諸へもなかなか。。。全国展開されてはいかがですか。東京都九段下の「暮らしの器・花田」にでも出されたら宜しいのではと愚考しております。そうすればオンラインで購入できますもの。
どうぞご夫婦お達者で良い器、用に耐えうる器を創作なさってくださいますよう、北の大地より念じております。


| 箱清水 | 2013/01/08 2:54 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://mylohas.jugem.jp/trackback/140
クリップ ヒーター
クリップ ヒーター〜ワンタッチでらくらくヒーター
| クリップ ヒーター | 2006/12/15 11:41 AM | Blog Ranking
マグカップ【キャスキッドソン・通販!キャスキッドソン・バッグ!キャスキッドソン・代官山!】
キャスキッドソン・通販・マグカップの紹介です。
| キャスキッドソン・通販!キャスキッドソン・バッグ!キャスキッドソン・代官山! | 2007/06/25 9:13 PM | Blog Ranking
天池窯30+30作陶展
 天池窯の岡本さんの30+30展が6日まで、岡本さんの工房で行われている。30歳で始めて、30年。  3日に岡本さんを訪ねたときに岡本さんのいった言葉。「30年続けられたということは、30年間買い続けてくれた人がいたということ。」  世の中送り手だけでは成立しな
| 小諸の風 | 2008/05/05 11:39 AM | Blog Ranking
天池窯(岡本一道氏)
焼き物と言えば、信州は小布施で購入したこの一品は本当に一目惚れしました。 長野県小諸市の天地窯のカップです。 PC周辺に置いても転倒しないどっしりとしたお尻のデザイン。でも取っ手もとても持ちやすく、本当に生活に密着した良い器だと思います。 釉薬
| こゆたんの日記−人生のインテリアはデザインである | 2013/01/25 11:26 PM | Blog Ranking
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
もったいない
もったいない (JUGEMレビュー »)
プラネット・リンク
借りぐらしのアリエッティ [DVD]
借りぐらしのアリエッティ [DVD] (JUGEMレビュー »)

とてもシンプルな話だが、真っ直ぐな気持ちが伝わってきて、すごく好きだ。自然の中にまぎれて妖精や小人が住んでいる世界を信じたくなる。
天空の城ラピュタ [DVD]
天空の城ラピュタ [DVD] (JUGEMレビュー »)

宮崎作品の中で好きなもののひとつ。科学技術と自然の調和をテーマとして考えさせられる。冒険活劇の純粋な面白さも。
やさいノート―知ってとくする食べておいしい
やさいノート―知ってとくする食べておいしい (JUGEMレビュー »)
いわさ ゆうこ
写真ときれいな手書きのイラストで、野菜の起源から季節や調理の仕方まで、大人も楽しめる、図鑑的な絵本。どんぐりノートとあわせておすすめ。
風の谷のナウシカ [DVD]
風の谷のナウシカ [DVD] (JUGEMレビュー »)

人間の自然環境の破壊と共生について強いメッセージが込められた映画作品。僕の今の考えの原点のひとつ。今や世界の宮崎駿監督も当時は無名だった。理想のリーダー像とは主人公のナウシカ彼女のような人格ではないだろうか。
メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする
メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする (JUGEMレビュー »)
水越 伸
マスメディアなどのコミュニケーションメディアと自然の生態系とを関連付けて書かれた本。新しい切り口で、僕のようにデジタルメディアと自然界両方に関心がある人にはとても面白い。
不都合な真実
不都合な真実 (JUGEMレビュー »)
アル・ゴア
アメリカ元副大統領、ゴアの著書。同じタイトルで映画にもなっている。環境問題に関して、身近な世界の出来事と自身の考えをまとめた、読みやすくも考えさせられる本。
今森光彦フィールドノート 里山
今森光彦フィールドノート 里山 (JUGEMレビュー »)
今森 光彦
里山の自然、四季、人々の生活など里山環境全体に対する今森光彦さんの思いが伝わる写真集的なノート。
樹木と遊ぶ図鑑―いろんな木と話をする方法
樹木と遊ぶ図鑑―いろんな木と話をする方法 (JUGEMレビュー »)
おくやま ひさし
春夏秋冬に分けて、どんな木からの恵みがあってどんな遊び、収穫、料理が出来るかを紹介した図鑑。
LOHASに暮らす
LOHASに暮らす (JUGEMレビュー »)
ピーター・D. ピーダーセン, Peter David Pedersen
LOHASについてマーケティング視点のデータも含めバランスよく解説してある。LOHAS商標をなぜ取得したかなどLOHASに対する思いを感じる。
日本のハーブ&スパイス事典―暮らしに生かす香り
日本のハーブ&スパイス事典―暮らしに生かす香り (JUGEMレビュー »)
生出 智哉
ハーブの活用は、外国文化のようにイメージされやすいが、日本古来のハーブやスパイスも歴史がある。そんな、事実を再認識させてくれる事典。
センス・オブ・ワンダー
センス・オブ・ワンダー (JUGEMレビュー »)
レイチェル・L. カーソン, Rachel L. Carson, 上遠 恵子
世界中に地球環境について考えさせるきっかけを作った『沈黙の春』の著者。彼女がおとなが特に忘れてしまいがちな自然との関わりと感性について綴っている。
リバー・ランズ・スルー・イット
リバー・ランズ・スルー・イット (JUGEMレビュー »)

ブラッドピットの活躍の初期の映画としても有名だが、自然と川と命、そして父と子の関係を釣りを通じて語るテーマ自体が好き。
ひろってうれしい知ってたのしいどんぐりノート
ひろってうれしい知ってたのしいどんぐりノート (JUGEMレビュー »)
いわさ ゆうこ, 大滝 玲子
子供向けの絵本だが、ブナやカシの仲間でどんぐり全般の見分け方から食べ方まで書いてあって楽しく役立つ本。
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD]
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

制作に7年、ロケ地は200カ所という海の自然を映像化したドキュメンタリー。映像説明の冊子とどこで撮影したかの地図がついていて、本棚に並べておくのが嬉しくなります。
水の旅 川の漁
水の旅 川の漁 (JUGEMレビュー »)
立松 和平, 大塚 高雄
伝統漁法と水に寄り添って川と一緒に生きる文化を紹介した本。都市型の生活にあまりなじまない、川魚を通してデリケートな自然環境との対話も考えさせられる。
萌木の国
萌木の国 (JUGEMレビュー »)
今森 光彦
僕の好きな写真家、今森光彦さんの書いた里山の自然に関する本。
滋賀県のマキノ町が舞台となっているが、僕も7月末に初めて、マキノ町に行きました。

bolg index このページの先頭へ