Nature Blend

健康と自然環境に配慮しながら、持続可能な生活を新しい自分のライフスタイルとして発掘していく旅。
こんなLOHAS(ロハス)ライフに関心のある方、どなたでもお気軽にコメントください。
Introducing the nature in Japan, especially in Shonan area.
プロフィール&ご意見

 
自分がやれることをしっかりと
 地震が起きたその日に帰国して、何だか自分もあせっていた。国家レベルで大変なことになっている、さぁ、ソーシャルメディアを使ってITの力で被災地に貢献できるのではないかとか、せめて被災地の知人に対して具体的なサポートできないかとか、英語で何か海外の知人に発信して良い事は無いだろうかとか、頭の中をぐるぐる回っていた気がする。

でも、継続性のない、組織的な活動でもない、素人の個人活動は結局は、たいした貢献にはならないと気付いた。
幸いにも、被害が少ない神奈川県の湘南地区に住んでいるのであれば、むしろ平常生活を早く取り戻すことが大事だと感じた。企業に勤めているのであれば、仕事をしっかりやって、企業活動を正常化して、会社を通じて社会に貢献していく。
あたりまえのことだが、恥ずかしながら、自分自身もその心境にとどくまで、しばらく時間がかかった。
ただし継続性が保てる、個人の行動には、小さなことでも、コミットして、貢献する。
すごく単純な小さなことだけど、リビングのライトのランプの数を半分に減らしてみた。

自分ができることをしっかり.jpg

これが、驚くほど、全く影響がないのである。影響どころか、違いがわからないほど。毎晩、部屋を昼間と同じくらいの明るさにして生活しているのが当たり前になっていただけなんだろうなぁ。
普段、いかに電気を無駄に使っているかを反省する結果になったのが本音である。

まだまだ、小さな「自分がやれること」は、たくさんある。でも、続けられないような、一過性の「出来もしないこと」に中途半端に無理はしない。

これって、LOHASのエコに対する考え方と、似ているなと思った。
みんなが、継続的に出来ることを、それぞれのライフスタイルに合わせて、きちんと積み上げれば、大きなうねりとなって、結果的に、とても大きな、好影響を与えられたら良いと思う。

まずは、自分がやれることをしっかりやっていこう。

エネルギー効率 | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
環境配慮に熱心なお医者さん
自宅の近くでお世話になっているお医者さんで、環境配慮に熱心な医院がある。写真のように、2001年から太陽光発電パネルと太陽光温水器を屋根に据付ており、自然エネルギーを診療に活かしている。売電もしているそうだ。雨水タンクもあり、再生可能でクリーンな自然エネルギーを積極的に活用している。
我が家では、太陽熱温水器だけ設置してある。
http://mylohas.jugem.jp/?day=20050827

最近は、晴れ続きで写真は、1月7日に撮影したもの。昨日は久しぶりに大雨だった。特に冬は乾燥して、庭も感想しがち。雨水タンク検討しようかな。
環境配慮に熱心なお医者さん
エネルギー効率 | 10:19 | comments(2) | trackbacks(0) | Blog Ranking
屋根の上のむずかしい問題
台風が去った翌日、我が家の屋根の上に載っている、太陽熱温水器に異常がないか、向かいの駐車場から離れてながめてみる。以前、雹(ひょう)が振ったときにその影響か、表面のガラスが割れたことがあったが、今回は問題なし。
この屋根の上の太陽熱温水器、果たして環境に良いものか悪いものか、、。僕の意見は、温水器は、そろそろ十分効率が良く、投資に対する回収という意味でも、こなれてきた気がしている。特に太陽熱発電も最近、とりざたされているが、地球環境全体に与えるエネルギー効率を考えるといったいどうなのか?半導体を作る為に工場で大量のエネルギーや水を使用し、やっと製品が出来てからは、「地球にやさしい」機器に生まれ変わる。
たいした専門知識がない、僕にとっては良いものか、悪いものかとの結論がないのであるが、うーん、むずかしい問題である。
屋根の上の太陽熱温水器
エネルギー効率 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
もったいない
もったいない (JUGEMレビュー »)
プラネット・リンク
借りぐらしのアリエッティ [DVD]
借りぐらしのアリエッティ [DVD] (JUGEMレビュー »)

とてもシンプルな話だが、真っ直ぐな気持ちが伝わってきて、すごく好きだ。自然の中にまぎれて妖精や小人が住んでいる世界を信じたくなる。
天空の城ラピュタ [DVD]
天空の城ラピュタ [DVD] (JUGEMレビュー »)

宮崎作品の中で好きなもののひとつ。科学技術と自然の調和をテーマとして考えさせられる。冒険活劇の純粋な面白さも。
やさいノート―知ってとくする食べておいしい
やさいノート―知ってとくする食べておいしい (JUGEMレビュー »)
いわさ ゆうこ
写真ときれいな手書きのイラストで、野菜の起源から季節や調理の仕方まで、大人も楽しめる、図鑑的な絵本。どんぐりノートとあわせておすすめ。
風の谷のナウシカ [DVD]
風の谷のナウシカ [DVD] (JUGEMレビュー »)

人間の自然環境の破壊と共生について強いメッセージが込められた映画作品。僕の今の考えの原点のひとつ。今や世界の宮崎駿監督も当時は無名だった。理想のリーダー像とは主人公のナウシカ彼女のような人格ではないだろうか。
メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする
メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする (JUGEMレビュー »)
水越 伸
マスメディアなどのコミュニケーションメディアと自然の生態系とを関連付けて書かれた本。新しい切り口で、僕のようにデジタルメディアと自然界両方に関心がある人にはとても面白い。
不都合な真実
不都合な真実 (JUGEMレビュー »)
アル・ゴア
アメリカ元副大統領、ゴアの著書。同じタイトルで映画にもなっている。環境問題に関して、身近な世界の出来事と自身の考えをまとめた、読みやすくも考えさせられる本。
今森光彦フィールドノート 里山
今森光彦フィールドノート 里山 (JUGEMレビュー »)
今森 光彦
里山の自然、四季、人々の生活など里山環境全体に対する今森光彦さんの思いが伝わる写真集的なノート。
樹木と遊ぶ図鑑―いろんな木と話をする方法
樹木と遊ぶ図鑑―いろんな木と話をする方法 (JUGEMレビュー »)
おくやま ひさし
春夏秋冬に分けて、どんな木からの恵みがあってどんな遊び、収穫、料理が出来るかを紹介した図鑑。
LOHASに暮らす
LOHASに暮らす (JUGEMレビュー »)
ピーター・D. ピーダーセン, Peter David Pedersen
LOHASについてマーケティング視点のデータも含めバランスよく解説してある。LOHAS商標をなぜ取得したかなどLOHASに対する思いを感じる。
日本のハーブ&スパイス事典―暮らしに生かす香り
日本のハーブ&スパイス事典―暮らしに生かす香り (JUGEMレビュー »)
生出 智哉
ハーブの活用は、外国文化のようにイメージされやすいが、日本古来のハーブやスパイスも歴史がある。そんな、事実を再認識させてくれる事典。
センス・オブ・ワンダー
センス・オブ・ワンダー (JUGEMレビュー »)
レイチェル・L. カーソン, Rachel L. Carson, 上遠 恵子
世界中に地球環境について考えさせるきっかけを作った『沈黙の春』の著者。彼女がおとなが特に忘れてしまいがちな自然との関わりと感性について綴っている。
リバー・ランズ・スルー・イット
リバー・ランズ・スルー・イット (JUGEMレビュー »)

ブラッドピットの活躍の初期の映画としても有名だが、自然と川と命、そして父と子の関係を釣りを通じて語るテーマ自体が好き。
ひろってうれしい知ってたのしいどんぐりノート
ひろってうれしい知ってたのしいどんぐりノート (JUGEMレビュー »)
いわさ ゆうこ, 大滝 玲子
子供向けの絵本だが、ブナやカシの仲間でどんぐり全般の見分け方から食べ方まで書いてあって楽しく役立つ本。
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD]
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

制作に7年、ロケ地は200カ所という海の自然を映像化したドキュメンタリー。映像説明の冊子とどこで撮影したかの地図がついていて、本棚に並べておくのが嬉しくなります。
水の旅 川の漁
水の旅 川の漁 (JUGEMレビュー »)
立松 和平, 大塚 高雄
伝統漁法と水に寄り添って川と一緒に生きる文化を紹介した本。都市型の生活にあまりなじまない、川魚を通してデリケートな自然環境との対話も考えさせられる。
萌木の国
萌木の国 (JUGEMレビュー »)
今森 光彦
僕の好きな写真家、今森光彦さんの書いた里山の自然に関する本。
滋賀県のマキノ町が舞台となっているが、僕も7月末に初めて、マキノ町に行きました。

bolg index このページの先頭へ