Nature Blend

健康と自然環境に配慮しながら、持続可能な生活を新しい自分のライフスタイルとして発掘していく旅。
こんなLOHAS(ロハス)ライフに関心のある方、どなたでもお気軽にコメントください。
Introducing the nature in Japan, especially in Shonan area.
プロフィール&ご意見

 
米国シリコンバレーの秋
今週は、米国シリコンバレーに一週間宿泊している。夜間は肌寒く、街の街路樹も紅葉しているのが、日本の秋のようだ。
ただ、雑木林があるような、山や岡は無く、ハゲ山みたいな感じ。
仕事は、どっぷりIT業界なので、日本の自宅の庭の自然が恋しくなった。
海外の自然 | 05:34 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
グアム:ホテル周辺の植え込みにて
 グアム滞在中の宿泊ホテル前の植え込みや街中で出会った、暖かい気候だからこそのいきものたち。
まず、日本のカナヘビやトカゲとは似ても似つかない鮮やかな色のトカゲ。
グアムのトカゲ
このトカゲ以外にも、濃い目の灰褐色の種類も見かけた。そういえば、沖縄旅行で見かけたのはこんなトカゲだった。同じ仲間なのかな?

日本では冬場は屋内に入れなくてはならない、ランの花が自然に外で開花できるほどの気候。街中の植え込みにも、同じような色をした、きれいな花が咲き乱れる。
グアムの白い花

ブーンと音を立てて、近づいてきたのはカナブンだった。日本のアオカナブンに似て鮮やかな緑色をしているが、カタチが明らかに違う。光が反射した時の色も、斑紋は無いが、赤やオレンジが見える感じ。
ホテルの部屋でグアム滞在中だけ飼育してみた。えさは、ABCストアで購入したスイカ汁が含まれたトロピカルなジュース、喜んで吸っていた。グアム現地では、腐った果物などを食べるのだろうか。
グアムのカナブン

何気なく歩いているだけで、日本の自然との違いが感じられて、結構楽しい。

旅行中を通して、「あれ?」と思ったのは、日本の夏の夜のように、街灯に昆虫が集まっている光景が無いことだ。
花にもさほど昆虫は、見当たらない。日本の方が、いろんな種類の虫達が集まっている印象がある。
現地のドライバーさんに聞くと、「昆虫はたくさんいるよ!」とのことだったけれど。


海外の自然 | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
グアムの海岸の不思議ないきもの
 3月末から4月のあたまにかけて、まとまったお休みがとれたので、グアムに旅行に行ってきた。プライベートでの海外渡航は久しぶりである。

日差しが強くて気温も高いのだが、からっとしていて、じめじめした日本の夏よりすごしやすい。
グアム海岸の日差し

宿泊したホテルから徒歩で、すこし歩くと、砂の白い、青空のきれいな海岸に出た。
グアムの海岸

しかし、驚くのは日本人が多いこと。英語を話すチャンスを探すほうが難しいくらいにお店やホテルも日本語にあふれている。この海岸のお客さんも同じく日本人だらけ。

子供達があつまって、騒いでいるところに近づくとナマコだ。あちらこちらから集めてきて一箇所にナマコが集合していた。
色の黒い細長いやつが、この海岸の中の典型的なナマコだが、この写真は少し、茶色をした大型の別の種類のようだった。
グアムの海岸のナマコ

日本に帰ったら、「海岸にナマコいたでしょ」って、知人から言われ、グアムの旅行者には同じようにこのナマコは印象づいているらしい。。。

もうひとつ不思議な生き物に出会った。一見普通の巻貝なのだが、手に取るとかなり挑戦的に体をよじらせて、攻撃してくる。やどかりと見間違えたが、体は柔らかく普通の巻貝のようだ。眼の場所もはっきりとわかる。
グアムの海岸の巻貝

地元の湘南の海岸と比べると、砂が白い!そしてやはり海の水が透き通っている。いわゆる海の香りというか磯の香り(嫌いな人も居るかもしれないが)があまりしないのが不思議だった。

街に立ち並ぶブティックでのブランド品のショッピングには興味が無いので、滞在期間中はなるべく自然あそびをしようと決心した。
海外の自然 | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
シンガポールのカラス
シンガポールへの出張の間、オフィスの近くの街中で見慣れない鳥を見かけた。

まず、オフィス街を出勤のために、歩いているとビルの谷間にきれいな芝生の空き地が見えてくる。
シンガポールの空き地

そしてその脇にオレンジ色のくちばしをした鳥がいるので思わず、写真をとった。
シンガポールのカラス

さすがは、赤道付近の地域の国、日本とは違うきれいな鳥がいるなぁと感心していたら、地元の人たちの間では、この鳥は、ごみをつついたりするので、まるで日本のカラス扱いのようである。

当人達は、ただ、人間の生活に密着して、生きているだけなんでしょうけれど。それだけで嫌われてしまうのは、かわいそうだなぁ。

JUGEMテーマ:旅行


海外の自然 | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
もったいない
もったいない (JUGEMレビュー »)
プラネット・リンク
借りぐらしのアリエッティ [DVD]
借りぐらしのアリエッティ [DVD] (JUGEMレビュー »)

とてもシンプルな話だが、真っ直ぐな気持ちが伝わってきて、すごく好きだ。自然の中にまぎれて妖精や小人が住んでいる世界を信じたくなる。
天空の城ラピュタ [DVD]
天空の城ラピュタ [DVD] (JUGEMレビュー »)

宮崎作品の中で好きなもののひとつ。科学技術と自然の調和をテーマとして考えさせられる。冒険活劇の純粋な面白さも。
やさいノート―知ってとくする食べておいしい
やさいノート―知ってとくする食べておいしい (JUGEMレビュー »)
いわさ ゆうこ
写真ときれいな手書きのイラストで、野菜の起源から季節や調理の仕方まで、大人も楽しめる、図鑑的な絵本。どんぐりノートとあわせておすすめ。
風の谷のナウシカ [DVD]
風の谷のナウシカ [DVD] (JUGEMレビュー »)

人間の自然環境の破壊と共生について強いメッセージが込められた映画作品。僕の今の考えの原点のひとつ。今や世界の宮崎駿監督も当時は無名だった。理想のリーダー像とは主人公のナウシカ彼女のような人格ではないだろうか。
メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする
メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする (JUGEMレビュー »)
水越 伸
マスメディアなどのコミュニケーションメディアと自然の生態系とを関連付けて書かれた本。新しい切り口で、僕のようにデジタルメディアと自然界両方に関心がある人にはとても面白い。
不都合な真実
不都合な真実 (JUGEMレビュー »)
アル・ゴア
アメリカ元副大統領、ゴアの著書。同じタイトルで映画にもなっている。環境問題に関して、身近な世界の出来事と自身の考えをまとめた、読みやすくも考えさせられる本。
今森光彦フィールドノート 里山
今森光彦フィールドノート 里山 (JUGEMレビュー »)
今森 光彦
里山の自然、四季、人々の生活など里山環境全体に対する今森光彦さんの思いが伝わる写真集的なノート。
樹木と遊ぶ図鑑―いろんな木と話をする方法
樹木と遊ぶ図鑑―いろんな木と話をする方法 (JUGEMレビュー »)
おくやま ひさし
春夏秋冬に分けて、どんな木からの恵みがあってどんな遊び、収穫、料理が出来るかを紹介した図鑑。
LOHASに暮らす
LOHASに暮らす (JUGEMレビュー »)
ピーター・D. ピーダーセン, Peter David Pedersen
LOHASについてマーケティング視点のデータも含めバランスよく解説してある。LOHAS商標をなぜ取得したかなどLOHASに対する思いを感じる。
日本のハーブ&スパイス事典―暮らしに生かす香り
日本のハーブ&スパイス事典―暮らしに生かす香り (JUGEMレビュー »)
生出 智哉
ハーブの活用は、外国文化のようにイメージされやすいが、日本古来のハーブやスパイスも歴史がある。そんな、事実を再認識させてくれる事典。
センス・オブ・ワンダー
センス・オブ・ワンダー (JUGEMレビュー »)
レイチェル・L. カーソン, Rachel L. Carson, 上遠 恵子
世界中に地球環境について考えさせるきっかけを作った『沈黙の春』の著者。彼女がおとなが特に忘れてしまいがちな自然との関わりと感性について綴っている。
リバー・ランズ・スルー・イット
リバー・ランズ・スルー・イット (JUGEMレビュー »)

ブラッドピットの活躍の初期の映画としても有名だが、自然と川と命、そして父と子の関係を釣りを通じて語るテーマ自体が好き。
ひろってうれしい知ってたのしいどんぐりノート
ひろってうれしい知ってたのしいどんぐりノート (JUGEMレビュー »)
いわさ ゆうこ, 大滝 玲子
子供向けの絵本だが、ブナやカシの仲間でどんぐり全般の見分け方から食べ方まで書いてあって楽しく役立つ本。
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD]
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

制作に7年、ロケ地は200カ所という海の自然を映像化したドキュメンタリー。映像説明の冊子とどこで撮影したかの地図がついていて、本棚に並べておくのが嬉しくなります。
水の旅 川の漁
水の旅 川の漁 (JUGEMレビュー »)
立松 和平, 大塚 高雄
伝統漁法と水に寄り添って川と一緒に生きる文化を紹介した本。都市型の生活にあまりなじまない、川魚を通してデリケートな自然環境との対話も考えさせられる。
萌木の国
萌木の国 (JUGEMレビュー »)
今森 光彦
僕の好きな写真家、今森光彦さんの書いた里山の自然に関する本。
滋賀県のマキノ町が舞台となっているが、僕も7月末に初めて、マキノ町に行きました。

bolg index このページの先頭へ