Nature Blend

健康と自然環境に配慮しながら、持続可能な生活を新しい自分のライフスタイルとして発掘していく旅。
こんなLOHAS(ロハス)ライフに関心のある方、どなたでもお気軽にコメントください。
Introducing the nature in Japan, especially in Shonan area.
プロフィール&ご意見

 
セミのワイン?:オーストラリア シドニー出張にて
2月の初旬、仕事でオーストラリアのシドニーに出張に行った。実は、プライベートでもオーストラリアを訪れたことが無く、今回が初めて。
到着すると、シドニーらしからぬ、大雨で参った。しきりに「これはシドニーじゃない!」と僕の第一印象をぬぐおうと現地の仕事仲間が弁解しているのがおかしい。

さて、出張前、オーストラリアから来ている同僚に、「オーストラリアのどこが恋しい?」と聞いたとき、「安くておいしいオーストラリアワインが気軽に飲めないこと」といってたのを思い出し、ボトルショップへ。(シドニーでは、コンビニなど普通の店舗で、アルコールは売っていない)

そこで、棚に不思議なデザインのラベルを発見。「セミ:CICADA」?赤いセミがデザインされていて、しかも、思いっきり「セミ!」と書いてある。
オーストラリアワイン

まさか、セミのワインなわけはないのであるが、ちょっと驚いた。赤いセミというのがまた、米国で17年おきに、大量発生する17年ゼミのような配色で、見慣れず、日本人の感覚からすると異色な感がある。

高額なワインではなく、10ドル程度で購入、スクリューキャップだし、期待もしていなかったが、意外とおいしい。同僚が言うとおり、安価なワインが多いのにどれもそれなりにしっかりしていて、おいしい。

出張最終日、東京に向かう7日の日にようやく晴れて、郊外ではセミの鳴き声が聞こえた。改めて、南半球は夏なんだなぁと感じて、真冬の成田へ向かったのだった。
ワインと自然環境 | 15:49 | comments(0) | trackbacks(3) | Blog Ranking
シチリアワイン豆知識:ワイン豚Porcoのマスターから
LOHAS Club Networkでお世話になった、恵比寿のワイン豚のお店、Porcoに会社の帰りに顔を出した。(関連記事:黒ぶた主のパーティーで素敵なお店とマスターに出会う
ひとりだったにも関わらず、マスターにいろいろと気をかけていただき、金曜日までにたまった仕事の疲れもすっかりとれ、ゆうゆうと(?)終電で帰った。平日は、家が遠いのだけが大変だが、それでも今住んでいる湘南を離れる気は、無い。

■ワイン豚&シチリアワイン専門の洋食屋さん「Porco」
http://porco.jp/

Porcoでは、ワインに詳しい知人が教えてくれた、ある輸入業者のワインの中で、シチリアワインのみを扱っているそうだ。もちろん、通常の酒屋には、出回らない。しかも、驚いたことに、すべてグラスで出してくれる。(世界でもここだけ?)シチリアワインの品揃えとこだわりは、日本一と胸を張るマスターにいろいろと教えていただいたので、ここに豆知識としてご紹介。

■シチリアワイン豆知識:

世界のワインは、エジプト、ギリシャから、シチリアに渡り、シチリアで発展した。ローマ時代に、シチリアからトスカーナを経て、フランス、ドイツに ワインが伝わっていった。今でも シチリアの年間300日を超える世界一のゴールデンサンベルトの日照 朝夕の寒暖の差、朝霧、砂地、フルーティーな上質なワインを作るすべての条件がそろっているNo.1のエリアなのだそうだ。ここの地の近辺のみ、葡萄の樹木の上で ワインのアルコール度数12.5から16度の範囲に醗酵するのだと言われている。
ちなみにフランスは10度、ドイツは6度の発行度数なのだそうです。したがって、ほかの地では醸造、ミキシングして、5から8度 アルコールをプラスしないとワインの度数にならない。
マスターの私見とのことだが、混ぜ物の少ない分、優しい味のワインのフルーティな味と後味が変に残らないのでは、とのこと。

とにかくPorcoのシチリアワインはみんな美味しいです。
ワインの味の講評は、ここには書きませんので、ぜひぜひお店に行ってみてください。

さて、この金曜日、複数のチーズのスライスを絶妙な配分でも盛り合わせていただき、シチリアの赤ワイン(左下の写真)をいただいた。
本の表紙の写真(右下の写真)にあるマルサラは、シチリア島を有名にした、長期輸送に耐え得るよう酒精を強化したワインだ。この日に出していただいたのは、マルサラの「赤」で、とてもめずらしいのだそうだ。一人だったので、この本をめくっていたら欲しくなった。マルサラ酒は料理の味付けにも使われるので、いろいろなレシピが載っているのだ。是非週末にチャレンジしてみたい。この本は、非売品なのか、別のお店に来たお客さんが探そうとしても無かったらしい。入手ルートを知っている方は是非、僕にメールでも下さい。
シチリアワイン

僕も試していないが、デザートワインのカテゴリーでは、Porcoには、イタリアナンバーワンのデザートワインもあるそうだ。
世の中、まだまだ、知らないことがたくさんあるなぁ、と単純なことに感動。
とにかく楽しい夜をありがとうございました!




ワインと自然環境 | 00:55 | comments(3) | trackbacks(8) | Blog Ranking
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
もったいない
もったいない (JUGEMレビュー »)
プラネット・リンク
借りぐらしのアリエッティ [DVD]
借りぐらしのアリエッティ [DVD] (JUGEMレビュー »)

とてもシンプルな話だが、真っ直ぐな気持ちが伝わってきて、すごく好きだ。自然の中にまぎれて妖精や小人が住んでいる世界を信じたくなる。
天空の城ラピュタ [DVD]
天空の城ラピュタ [DVD] (JUGEMレビュー »)

宮崎作品の中で好きなもののひとつ。科学技術と自然の調和をテーマとして考えさせられる。冒険活劇の純粋な面白さも。
やさいノート―知ってとくする食べておいしい
やさいノート―知ってとくする食べておいしい (JUGEMレビュー »)
いわさ ゆうこ
写真ときれいな手書きのイラストで、野菜の起源から季節や調理の仕方まで、大人も楽しめる、図鑑的な絵本。どんぐりノートとあわせておすすめ。
風の谷のナウシカ [DVD]
風の谷のナウシカ [DVD] (JUGEMレビュー »)

人間の自然環境の破壊と共生について強いメッセージが込められた映画作品。僕の今の考えの原点のひとつ。今や世界の宮崎駿監督も当時は無名だった。理想のリーダー像とは主人公のナウシカ彼女のような人格ではないだろうか。
メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする
メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする (JUGEMレビュー »)
水越 伸
マスメディアなどのコミュニケーションメディアと自然の生態系とを関連付けて書かれた本。新しい切り口で、僕のようにデジタルメディアと自然界両方に関心がある人にはとても面白い。
不都合な真実
不都合な真実 (JUGEMレビュー »)
アル・ゴア
アメリカ元副大統領、ゴアの著書。同じタイトルで映画にもなっている。環境問題に関して、身近な世界の出来事と自身の考えをまとめた、読みやすくも考えさせられる本。
今森光彦フィールドノート 里山
今森光彦フィールドノート 里山 (JUGEMレビュー »)
今森 光彦
里山の自然、四季、人々の生活など里山環境全体に対する今森光彦さんの思いが伝わる写真集的なノート。
樹木と遊ぶ図鑑―いろんな木と話をする方法
樹木と遊ぶ図鑑―いろんな木と話をする方法 (JUGEMレビュー »)
おくやま ひさし
春夏秋冬に分けて、どんな木からの恵みがあってどんな遊び、収穫、料理が出来るかを紹介した図鑑。
LOHASに暮らす
LOHASに暮らす (JUGEMレビュー »)
ピーター・D. ピーダーセン, Peter David Pedersen
LOHASについてマーケティング視点のデータも含めバランスよく解説してある。LOHAS商標をなぜ取得したかなどLOHASに対する思いを感じる。
日本のハーブ&スパイス事典―暮らしに生かす香り
日本のハーブ&スパイス事典―暮らしに生かす香り (JUGEMレビュー »)
生出 智哉
ハーブの活用は、外国文化のようにイメージされやすいが、日本古来のハーブやスパイスも歴史がある。そんな、事実を再認識させてくれる事典。
センス・オブ・ワンダー
センス・オブ・ワンダー (JUGEMレビュー »)
レイチェル・L. カーソン, Rachel L. Carson, 上遠 恵子
世界中に地球環境について考えさせるきっかけを作った『沈黙の春』の著者。彼女がおとなが特に忘れてしまいがちな自然との関わりと感性について綴っている。
リバー・ランズ・スルー・イット
リバー・ランズ・スルー・イット (JUGEMレビュー »)

ブラッドピットの活躍の初期の映画としても有名だが、自然と川と命、そして父と子の関係を釣りを通じて語るテーマ自体が好き。
ひろってうれしい知ってたのしいどんぐりノート
ひろってうれしい知ってたのしいどんぐりノート (JUGEMレビュー »)
いわさ ゆうこ, 大滝 玲子
子供向けの絵本だが、ブナやカシの仲間でどんぐり全般の見分け方から食べ方まで書いてあって楽しく役立つ本。
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD]
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

制作に7年、ロケ地は200カ所という海の自然を映像化したドキュメンタリー。映像説明の冊子とどこで撮影したかの地図がついていて、本棚に並べておくのが嬉しくなります。
水の旅 川の漁
水の旅 川の漁 (JUGEMレビュー »)
立松 和平, 大塚 高雄
伝統漁法と水に寄り添って川と一緒に生きる文化を紹介した本。都市型の生活にあまりなじまない、川魚を通してデリケートな自然環境との対話も考えさせられる。
萌木の国
萌木の国 (JUGEMレビュー »)
今森 光彦
僕の好きな写真家、今森光彦さんの書いた里山の自然に関する本。
滋賀県のマキノ町が舞台となっているが、僕も7月末に初めて、マキノ町に行きました。

bolg index このページの先頭へ