Nature Blend

健康と自然環境に配慮しながら、持続可能な生活を新しい自分のライフスタイルとして発掘していく旅。
こんなLOHAS(ロハス)ライフに関心のある方、どなたでもお気軽にコメントください。
Introducing the nature in Japan, especially in Shonan area.
プロフィール&ご意見

 
土から湯飲みをつくる
 地元の茅ヶ崎市のバス・トイレタリー製品の製造メーカーが主催する、陶芸教室に参加した。初心者コースということで、みんな湯のみを土からひねり出す。ろくろを使用するが、自分の手で回す原始的なものだ。

へびのように伸ばした何本もの粘土を重ねて積み上げて、つなぎ目を消しつつまたその上に積み上げるという作業だった。ようやく最後に仕上げをして、こんな感じになった。
陶芸 湯のみ

焼きあがると縮んでしまうので、少し大きめに作る。高校生の中国地方への修学旅行で、萩に行った時にはじめて、お茶碗を粘土から作ったのを思い出した。あの時は、完全に手びねりで、ろくろすら使わなかった。土をいじっているとそんな遠い記憶もよみがえる。
長ーい、年月を経て、陶芸の技がちょっとだけ上達したのが変な感じである。

今回やらせていただけるのは、この作業まで。専門家の方々に釉薬(うわぐすり)をかけて窯で焼きあげてもらい、後日受け取る予定。出来上がりが楽しみだ。
健康と自然の恵み | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
ゆず風呂
今年の年末年始は、京都府の丹後地方にある、田舎のお寺で過ごすことにしている。到着した翌日は、境内のゆずの木からゆずを収穫して、ゆず風呂の準備だ。
かなり背の高い木で、4、5メートルはあるだろうか。てっぺんの方の実には届かない。
ゆずの木

ゆずの実。
ゆず
これ以上、木につけておいても腐らせるだけなので、すべて収穫して欲しいとのこと。30個以上とっただろうか。この地方では、実をもいで収穫することを方言で「ぼる」と言う。今日は、ゆず「ぼり」というわけだ。

ふと振り返ったところの低木には、オオカマキリの卵が寒い冬を過ごすべく、枝にくっついている。
カマキリの卵
神奈川県を出発した、昨日は、かなり暖かい、小春日和。今日は晴天だが、やっぱり日本海側の雪国らしい、寒い冬の気候である。

ゆずをたくさんお風呂に浮かべて、すごく香りの良いお風呂を今日は満喫した。

健康と自然の恵み | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
HACIENDA ie (アシエンダ イエ)
今日は、少し雨がふったり、またやんだりと雨模様の天気。昔、通った、同じ茅ヶ崎市内の浜須賀小学校の近くに、古民家を改装して4月からオープンしたというイタリアンレストランでランチをとろうと出かけた。
HACIENDA ie(アシエンダ イエ)と読む。
HACIENDA ie

海からもさほど離れていない、雑木林の中に出現したかのような立地。
雑木林

地産地消をモットーだそうで、新鮮な野菜のサラダ、自家製のソーセージ、ハーブの利いたパスタなど、僕が大好きなイタリアンを楽しんだ。
そば粉がレットが人気の「HACIENDA cafe」の2号店だそうで、cafeのほうにもぜひ行ってみたい。

敷地内の木々の根元に、立派なアジサイが咲いていた。
HACIENDA ie と アジサイ

少し、薄暗い場所にアジサイの薄い色が映えて、なかなか、きれいだ。
アジサイ

素敵な、日本的な落ち着きの中のイタリアン、今回初めて行ったのだが、自然が好きな人には、ぜひ湘南に来たらおすすめします。
健康と自然の恵み | 22:01 | comments(0) | trackbacks(3) | Blog Ranking
アシタバの香り
庭に昨年植えた、アシタバが元気に伸びてきた。今日切っても、「明日葉」が生えてくるという名からも、分かるとおり、生命力が強く、ぐんぐんと初夏の陽光を浴びて、背が高くなり、栄養も満点。

アシタバ

アシタバと納豆の切りあえを作ってみた。

■レシピ
(1) 一つまみの塩を入れた熱湯でさっとゆでる。
(2) みそをひであぶって、焼き味噌を作る。
(3) みりん、調味料で味を調える。
(4) 包丁で粗めにたたいた納豆とともにアシタバをあえる。

アシタバと納豆の切りあえ

とくに早春から初夏までのものがやわらかく味がよいそうだ。
他の植物にはあまりないビタミンB12を多く含む。茎を切ると顕著なのだが、黄色い見慣れない色の汁が出てくる。これには、毛細血管強化作用、高血圧予防作用などがあり、アシタバを常食する八丈島の人たちは高血圧症の人が少ないのだそうだ。
そのほかにも26種類のビタミンとミネラルが含まれ、美容にも良いとか、、、。

食べてみると、セリ科特有の香りとほろ苦さが納豆とみそにうまく混じって、白いご飯にあう。
野菜も品種改良が進み、クセが少ないものがスーパーにならぶ、昨今、こういう野趣あふれる香りには、なんだか懐かしいような、人間本来が欲している何かを充足したようなそんな不思議な感覚になる。
健康と自然の恵み | 23:05 | comments(4) | trackbacks(3) | Blog Ranking
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
もったいない
もったいない (JUGEMレビュー »)
プラネット・リンク
借りぐらしのアリエッティ [DVD]
借りぐらしのアリエッティ [DVD] (JUGEMレビュー »)

とてもシンプルな話だが、真っ直ぐな気持ちが伝わってきて、すごく好きだ。自然の中にまぎれて妖精や小人が住んでいる世界を信じたくなる。
天空の城ラピュタ [DVD]
天空の城ラピュタ [DVD] (JUGEMレビュー »)

宮崎作品の中で好きなもののひとつ。科学技術と自然の調和をテーマとして考えさせられる。冒険活劇の純粋な面白さも。
やさいノート―知ってとくする食べておいしい
やさいノート―知ってとくする食べておいしい (JUGEMレビュー »)
いわさ ゆうこ
写真ときれいな手書きのイラストで、野菜の起源から季節や調理の仕方まで、大人も楽しめる、図鑑的な絵本。どんぐりノートとあわせておすすめ。
風の谷のナウシカ [DVD]
風の谷のナウシカ [DVD] (JUGEMレビュー »)

人間の自然環境の破壊と共生について強いメッセージが込められた映画作品。僕の今の考えの原点のひとつ。今や世界の宮崎駿監督も当時は無名だった。理想のリーダー像とは主人公のナウシカ彼女のような人格ではないだろうか。
メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする
メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする (JUGEMレビュー »)
水越 伸
マスメディアなどのコミュニケーションメディアと自然の生態系とを関連付けて書かれた本。新しい切り口で、僕のようにデジタルメディアと自然界両方に関心がある人にはとても面白い。
不都合な真実
不都合な真実 (JUGEMレビュー »)
アル・ゴア
アメリカ元副大統領、ゴアの著書。同じタイトルで映画にもなっている。環境問題に関して、身近な世界の出来事と自身の考えをまとめた、読みやすくも考えさせられる本。
今森光彦フィールドノート 里山
今森光彦フィールドノート 里山 (JUGEMレビュー »)
今森 光彦
里山の自然、四季、人々の生活など里山環境全体に対する今森光彦さんの思いが伝わる写真集的なノート。
樹木と遊ぶ図鑑―いろんな木と話をする方法
樹木と遊ぶ図鑑―いろんな木と話をする方法 (JUGEMレビュー »)
おくやま ひさし
春夏秋冬に分けて、どんな木からの恵みがあってどんな遊び、収穫、料理が出来るかを紹介した図鑑。
LOHASに暮らす
LOHASに暮らす (JUGEMレビュー »)
ピーター・D. ピーダーセン, Peter David Pedersen
LOHASについてマーケティング視点のデータも含めバランスよく解説してある。LOHAS商標をなぜ取得したかなどLOHASに対する思いを感じる。
日本のハーブ&スパイス事典―暮らしに生かす香り
日本のハーブ&スパイス事典―暮らしに生かす香り (JUGEMレビュー »)
生出 智哉
ハーブの活用は、外国文化のようにイメージされやすいが、日本古来のハーブやスパイスも歴史がある。そんな、事実を再認識させてくれる事典。
センス・オブ・ワンダー
センス・オブ・ワンダー (JUGEMレビュー »)
レイチェル・L. カーソン, Rachel L. Carson, 上遠 恵子
世界中に地球環境について考えさせるきっかけを作った『沈黙の春』の著者。彼女がおとなが特に忘れてしまいがちな自然との関わりと感性について綴っている。
リバー・ランズ・スルー・イット
リバー・ランズ・スルー・イット (JUGEMレビュー »)

ブラッドピットの活躍の初期の映画としても有名だが、自然と川と命、そして父と子の関係を釣りを通じて語るテーマ自体が好き。
ひろってうれしい知ってたのしいどんぐりノート
ひろってうれしい知ってたのしいどんぐりノート (JUGEMレビュー »)
いわさ ゆうこ, 大滝 玲子
子供向けの絵本だが、ブナやカシの仲間でどんぐり全般の見分け方から食べ方まで書いてあって楽しく役立つ本。
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD]
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

制作に7年、ロケ地は200カ所という海の自然を映像化したドキュメンタリー。映像説明の冊子とどこで撮影したかの地図がついていて、本棚に並べておくのが嬉しくなります。
水の旅 川の漁
水の旅 川の漁 (JUGEMレビュー »)
立松 和平, 大塚 高雄
伝統漁法と水に寄り添って川と一緒に生きる文化を紹介した本。都市型の生活にあまりなじまない、川魚を通してデリケートな自然環境との対話も考えさせられる。
萌木の国
萌木の国 (JUGEMレビュー »)
今森 光彦
僕の好きな写真家、今森光彦さんの書いた里山の自然に関する本。
滋賀県のマキノ町が舞台となっているが、僕も7月末に初めて、マキノ町に行きました。

bolg index このページの先頭へ