Nature Blend

健康と自然環境に配慮しながら、持続可能な生活を新しい自分のライフスタイルとして発掘していく旅。
こんなLOHAS(ロハス)ライフに関心のある方、どなたでもお気軽にコメントください。
Introducing the nature in Japan, especially in Shonan area.
プロフィール&ご意見

 
庭のヒキガエル
自宅の庭のヒキガエル。夜になって、暗闇にのそのそ出てきてました。今年の春の初見です。
自然 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
霜柱がザクザク
年初の朝、普段以上にかなり冷え込んでいるなと五感が感じる。休日にしては早起きをして、出かけると植え込みに立派な霜柱がたくさん。手がさらに凍えそうで、触らなかったが、繊細に長く氷が伸びていて、やわらかそうにも見える。きっと実際にはキーンと冷たいんだろうなぁ。
とにかくキリキリ肌に冷気が刺し込むような朝だったが、こんな立派な霜柱をまじまじとみたのも何年ぶりだろうかとちょっと嬉しくなった。


 
JUGEMテーマ:自然
自然 | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
皆既月食
 大掛かりな天体ショーとなると、どこかに出かけないと見られないというのもあるが、今回は見上げればわかる、皆既月食。少し眠い時間だが、じっくりと観察した。

写真は撮ったものの、三脚無しで手振れとの戦いの中のシロウト望遠撮影だったので、大してきれいな写真が取れなかったが、それでもなかなか見ごたえがあった。
まずは、見慣れた満月が、左端から欠けて行き、上弦の月とも違う不思議な半月の形に。

<22時38分>
皆既月食22-38.jpg

さらに光の部分が小さくなり、もう少しで全部がかくれる瞬間に。
<23時3分>
皆既月食23-03.jpg

ほぼ完全に隠れると逆に、全体的に赤茶色の月に変貌。
<23時19分>
皆既月食23-19.jpg

あとは、もとに戻るだけだな、、と何を勘違いしたか、ここで観察をやめてしまいました。
このあと、もう一度光が差す瞬間のダイヤモンドリングを観察せずに、寝てしまいました。

小学校から必死に勉強した天体の知識をすっかり忘れていて、後悔しました、、、。(笑)

----------- 1月4日 追記 ------------

ネット上のつぶやきを見て、勘違いしましたが、皆既月食ではいずれにせよダイヤモンドリングは、出ないのでした。
逆の発想で、月食の時でも月側からみると、地球によるダイヤモンドリングが観測できたそうです。

JAXA 月周回衛星「かぐや」 月食時の地球によるダイヤモンドリングの観測


自然 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
地震災害に貢献できそうなこと
まだ、僕自身も昨夜のシンガポールからの帰国便で、福岡空港に緊急着陸。一泊あけて、これから成田にようやく移動予定。
凄まじい映像が、空港内で、流れてます。
もし、運良く無事に家についたら、節電など、身の回りの工夫で、出来ることから、貢献したいと思う。
自然 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
初日の出

数年ぶりに、湘南の海岸に初日の出をみに行った。早朝の6時ごろの気温は、氷点下。でも、ここ数日の全国的な積雪や吹雪と比較すれば、このあたりは十分暖かくて、恵まれている。

すでに夜は明けてきていて、日の出前から、辺りは明るい。6時50分ごろに海岸に到着し、ちょうど水平線ににじみ出てきた朝日を見ることができた。

初日の出 茅ヶ崎海岸

今年も新たな気持ちでスタートを切ろう。
自然 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(1) | Blog Ranking
大きなフンの主:オオミズアオ
庭のクリの木の枝の下に、毎朝、巨大なフンが落ちている。昆虫のフンのわりには、大型でかなり存在感がある。道路に落ちてぺっちゃんこになっているのも見かけているので、おそらくは大型のチョウか蛾の幼虫がいるはず、、。
夜に懐中電灯でクリの木の枝を照らしていると、いたいた、、、でっかい芋虫である。

水色の美しい蛾:オオミズアオの幼虫だ。
オオミズアオ

確か、この庭には2006年くらいだったか、ハウチワカエデの枝に成虫が静かにとまっているのを見かけた以来か。いずれにしてもこの庭で幼虫を見つけたのは初めてだ。

とにかく、でかいし太い。親指より太いのだ。。。羽化した美しい姿がぜひ見てみたいので、飼育してみることにした。
自然 | 21:44 | comments(2) | trackbacks(0) | Blog Ranking
春の萌芽
すっかり春らしい日差しになってきた。ただ、今日は風が冷たく、まだ、ぽかぽかと暖かい陽気という程ではない。
庭の木々も、萌芽しはじめたり、その直前で芽を膨らませている状態になってきた。

キンモクセイもすっかり若葉が出てきている。出たばかりのころは、赤いのが不思議だ。
キンモクセイ
この若葉が赤いのは、ご近所の生垣のレッドロビンや同じ種類のベニカナメモチと同じ。
ベニカナメモチ

子供のころに実家に蒔いた、どんぐりの木がすっかり大きくなり、自分の背丈よりも大きくなった。今年はしっかりと芽をたくさんつけている。
マテバシイ

これらのほかに、庭木のコナラも芽をたくさんつけ、ハウチワカエデはしっかりと芽が開いてきた。

いよいよ春だ。
自然 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
庭の紅葉
すっかり晩秋だ。庭の落葉広葉樹もかなり色づいてきた。
コナラの木。まだ葉の色づきもまばらだが、その分日光を通してきれいなグラデーションをみせる。
庭の紅葉 コナラ

近所の人が、面白い話をしてくれた。お宅の方に、カメラを向けている怪しい人がいたのでよく見ていたら、楓(カエデ)の紅葉の写真をとっている人だったんだそうだ。せまーい庭なのに、笑ってしまった。
今年は、暖かい日から急激に寒くなるような気温の変動だったが、たしかにきれいにハウチワカエデが紅くなっている。
庭の紅葉 ハウチワカエデ

例年、紅葉と温泉のセットで何らかの旅行の企画があるのだが、今年はばたばたしているうちに、すっかり計画し忘れてしまった。
自然 | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
ジャケットを着る季節に
今朝から、急に冷え込んで、出勤時にジャケットを羽織ることにした。空は快晴だ。ひんやりした空気の中、いつもの通勤路の途中の木々を通じてさしてくる、陽光はまぶしい。
涼しい朝の陽光

昨日は、同じ県内のインドアのコートでテニスをして、夕方歩いて帰ったときも、薄手の長袖シャツで涼しい程度。
今年は、全体的にぼんやり夏の雰囲気を残していて、秋の訪れが遅かった気がする。
自然 | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
秋のいい香り
玄関脇のキンモクセイが満開。この花は、毎年かなり決まった時期、この10月上旬に咲くのがこの数年の観察で分かってきた。(観察と言っても、自宅の庭の木だが、、、)
キンモクセイ

木の高さ、幅ともに全体が大きく、成長して、今年は特にたくさんの花をつけている。
自然 | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog Ranking
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
もったいない
もったいない (JUGEMレビュー »)
プラネット・リンク
借りぐらしのアリエッティ [DVD]
借りぐらしのアリエッティ [DVD] (JUGEMレビュー »)

とてもシンプルな話だが、真っ直ぐな気持ちが伝わってきて、すごく好きだ。自然の中にまぎれて妖精や小人が住んでいる世界を信じたくなる。
天空の城ラピュタ [DVD]
天空の城ラピュタ [DVD] (JUGEMレビュー »)

宮崎作品の中で好きなもののひとつ。科学技術と自然の調和をテーマとして考えさせられる。冒険活劇の純粋な面白さも。
やさいノート―知ってとくする食べておいしい
やさいノート―知ってとくする食べておいしい (JUGEMレビュー »)
いわさ ゆうこ
写真ときれいな手書きのイラストで、野菜の起源から季節や調理の仕方まで、大人も楽しめる、図鑑的な絵本。どんぐりノートとあわせておすすめ。
風の谷のナウシカ [DVD]
風の谷のナウシカ [DVD] (JUGEMレビュー »)

人間の自然環境の破壊と共生について強いメッセージが込められた映画作品。僕の今の考えの原点のひとつ。今や世界の宮崎駿監督も当時は無名だった。理想のリーダー像とは主人公のナウシカ彼女のような人格ではないだろうか。
メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする
メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする (JUGEMレビュー »)
水越 伸
マスメディアなどのコミュニケーションメディアと自然の生態系とを関連付けて書かれた本。新しい切り口で、僕のようにデジタルメディアと自然界両方に関心がある人にはとても面白い。
不都合な真実
不都合な真実 (JUGEMレビュー »)
アル・ゴア
アメリカ元副大統領、ゴアの著書。同じタイトルで映画にもなっている。環境問題に関して、身近な世界の出来事と自身の考えをまとめた、読みやすくも考えさせられる本。
今森光彦フィールドノート 里山
今森光彦フィールドノート 里山 (JUGEMレビュー »)
今森 光彦
里山の自然、四季、人々の生活など里山環境全体に対する今森光彦さんの思いが伝わる写真集的なノート。
樹木と遊ぶ図鑑―いろんな木と話をする方法
樹木と遊ぶ図鑑―いろんな木と話をする方法 (JUGEMレビュー »)
おくやま ひさし
春夏秋冬に分けて、どんな木からの恵みがあってどんな遊び、収穫、料理が出来るかを紹介した図鑑。
LOHASに暮らす
LOHASに暮らす (JUGEMレビュー »)
ピーター・D. ピーダーセン, Peter David Pedersen
LOHASについてマーケティング視点のデータも含めバランスよく解説してある。LOHAS商標をなぜ取得したかなどLOHASに対する思いを感じる。
日本のハーブ&スパイス事典―暮らしに生かす香り
日本のハーブ&スパイス事典―暮らしに生かす香り (JUGEMレビュー »)
生出 智哉
ハーブの活用は、外国文化のようにイメージされやすいが、日本古来のハーブやスパイスも歴史がある。そんな、事実を再認識させてくれる事典。
センス・オブ・ワンダー
センス・オブ・ワンダー (JUGEMレビュー »)
レイチェル・L. カーソン, Rachel L. Carson, 上遠 恵子
世界中に地球環境について考えさせるきっかけを作った『沈黙の春』の著者。彼女がおとなが特に忘れてしまいがちな自然との関わりと感性について綴っている。
リバー・ランズ・スルー・イット
リバー・ランズ・スルー・イット (JUGEMレビュー »)

ブラッドピットの活躍の初期の映画としても有名だが、自然と川と命、そして父と子の関係を釣りを通じて語るテーマ自体が好き。
ひろってうれしい知ってたのしいどんぐりノート
ひろってうれしい知ってたのしいどんぐりノート (JUGEMレビュー »)
いわさ ゆうこ, 大滝 玲子
子供向けの絵本だが、ブナやカシの仲間でどんぐり全般の見分け方から食べ方まで書いてあって楽しく役立つ本。
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD]
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

制作に7年、ロケ地は200カ所という海の自然を映像化したドキュメンタリー。映像説明の冊子とどこで撮影したかの地図がついていて、本棚に並べておくのが嬉しくなります。
水の旅 川の漁
水の旅 川の漁 (JUGEMレビュー »)
立松 和平, 大塚 高雄
伝統漁法と水に寄り添って川と一緒に生きる文化を紹介した本。都市型の生活にあまりなじまない、川魚を通してデリケートな自然環境との対話も考えさせられる。
萌木の国
萌木の国 (JUGEMレビュー »)
今森 光彦
僕の好きな写真家、今森光彦さんの書いた里山の自然に関する本。
滋賀県のマキノ町が舞台となっているが、僕も7月末に初めて、マキノ町に行きました。

bolg index このページの先頭へ